アングラな魚日記

アクセスカウンタ

zoom RSS バレンタインデー〜義理チョコにも愛がほしい

<<   作成日時 : 2007/02/02 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 日本の義理チョコ文化ってどうなんだろ。人間関係を円滑にするコミュニケーションツールとして高度に発展している。気軽に贈れ、気軽に受け取れる義理チョコは、オラも、そしてうちの取引先のパートのおばちゃんお姉さまも毎年楽しみにしているんだよね。

 孫がいるようなお姉さま方が、ちゃ〜んと、オラのうちの事を考えて、娘(5歳)用にキャラクター物のチョコなんか用意しているもんだから、ほんと、ありがたい。でも、貰った義理チョコは、そのまま娘や女房にスルーしちゃうんだけどね。

 義理とはいえ、気持ちがこもった嬉しいバレンタインのプレゼント。こちらはこちらで、日ごろのお世話様をホワイトデーにお返しするんだけど、その時に何を返そうかと悩むのが又、楽しいものです。

さて、今年のバレンタインには、いくつ義理チョコをもらえるのかな〜♪

 独身のころ、チョコを貰えない時は、男として認められていないのかな〜などとめげていた時もありました。けっこう、がっくり来るもんです。(笑)妻帯者となった今では、女性たちの警戒感が解けるせいかなんなのか、気軽に「ホイど〜ぞ」って貰っちゃいます。だから、独身時よりも貰う数が多いんだよね。

そんな、オラからの提案です。

 

今年のバレンタインデーには、義理チョコにも愛を‥‥ということで、

 
貰った人もあげた人も、きっと気に入る“愛の義理チョコ”

 
これからは、やっぱり義理チョコにも愛のある物を選ばなくっちゃね。


そんなオラのオススメがこれ!


『限りなき義理の愛作戦2007』
http://www.jim-net.net/notice/07vt_wd/07vt002.html

 これは、JIM-NET日本イラク医療支援ネットワークが現在行なっている「義理チョコ大作戦」だよ。チョコ一つにチョコ絵本が付いていて一口500円。チョコは六花亭(北海道)の「アーモンド・ヤッホー」が5粒、チョコ絵本は3種類もあって、それぞれイラクの子ども達のイラストに東ちづるさん、酒井啓子さん、湯川れい子さんがステキな文章を綴っているんだ。

 なぜ、イラクの子供に医療支援しているのかは、JIM-NETのホームページで直接確認するほうがいいのだけど、ここでは、鎌仲ひとみ著「ヒバクシャ」の41ページに書かれている一説を引用しておきます。

 またこれまで経験したことがない症例が次々と報告されていた。同時に複数のガンになってしまう多重ガン、悪性リンパ腫、肝臓ガン、白血病などが多発していた。これらの原因をアル・アリ医師は劣化ウラン弾だと考えていた。放射性物質で造った兵器で攻撃され、戦後も国民を不治の病にされ、しかも、経済制裁で抗ガン剤を始めとする医療を制限され、訴えても黙殺される境遇にあって、アル・アリ医師の語り口はあくまで穏やかだった。ただたんに絶望的というには余りに過酷な環境下で耐えているそのありようは、イラク人が培ってきた独特の文化がにじんでいると感じられた。
 もう一つ、イブン・ガズワン小児病院を訪ねた。バスラ近隣の女性たちのほとんどがこの病院で出産する。戦後、流産や先天的障害をもった子どもがあまりに多く生まれてくるので、ジャナン医師はその子ども達の写真を何百枚も記録していた。幼児がガンになることは実際にはまれなことだが、この病院には多くの小児ガンの子どもたちが治療を受けていた。ここでもまた薬不足で治療を受けることができない。特に小児白血病と細胞芽腫というガンが特徴的に増えていた。細胞芽腫は眼球の奥にできるガンである。


 

今年は、義理チョコでイラクの子ども達を愛でいっぱいにしてあげよう。

もちろん、本命の人にあげてもいいと思うよ。愛がいっぱいだもの。



もうすぐ売り切れ、早く買わないとなくなっちゃうぞ〜。


■イラクの子供を支援へ“チョコレート募金” Yahoo!ニュース - 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070117-00000037-san-int
 ◇…2月14日のバレンタインデーにあわせ、長野県松本市のNGO「日本イラク医療支援ネットワーク」が、病気に苦しむイラクの子供を支援しようと“チョコレート募金”を実施している。

 ◇…1口500円のうち約400円を、白血病や小児がんを患っているイラクの子供の医薬品購入に充てる企画。募金者には、子供たちが描いた絵本と5粒入りのチョコのセットを届ける。

 ◇…絵本は3種類で、音楽評論家の湯川れい子さんや女優、東ちづるさんらがストーリーを考えるなど制作に協力。政情不安が続くイラクだけど、日本からの愛が子供たちに届きますように…。




 

■男から見た義理チョコ論 エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091139793097.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ネタがネタだけにスルーしたかった…(涙)
たぶん今年も………(号泣)
おきらく社労士
2007/02/03 21:47
おきらく社労士さま
わはははっ!(笑
写真で拝見する限りでは、かなりかっこいい先生なんですけどね〜。まさか泣くとは思いませんでした。。。(笑)
オラが女だったらきっとチョコ差し上げてますよ。たっぷり愛がこもったチョコ
‥‥うちの場合も、ほとんどが娘用だから‥‥一緒に泣きましょうか。(自爆)
mako@管理人
2007/02/03 23:41
女っ気のない職場。
育児で忙しいと言い放つ妻。

チョコかぁ・・・
何年見てないだろぉ・・・・・・(激泣)
ヒデ
URL
2007/02/04 11:38
ヒデさん
毎度〜
男のツインズでは、奥様も大変でしょうね〜。うちは一人でも大変でした。
まぁ‥‥男くさいのもいいもんですよ。
なぐさめになりませんが‥‥。
mako@管理人
2007/02/05 00:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

mako屋

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ブックオフオンライン

Google AdSense

私のウェブサイトの価値は\3,826,119,609.97

バレンタインデー〜義理チョコにも愛がほしい アングラな魚日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる