アングラな魚日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 饒舌な自販機

<<   作成日時 : 2009/01/20 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

オラは仕事中、缶コーヒーをひと時も手放さない缶コーヒー中毒なのだけれど、自動販売機なんて大切な電気の無駄だと思ってやまない人間でもあるので、いつもディスカウントストアで箱買いした缶コーヒーを飲んでる。コーヒーの甘さや味にも多少うるさいところがあるのだけれど、それに輪をかけた優柔不断でもあるので、いつもディスカウントストアの飲料コーナーにおびただしく堆積している缶コーヒーを見るたび、タハッ、コマリマシタナ・・・となってしまうのだった。

 

売り場には、キリマン、ブラジル、アフリカン、などの豆の産地にこだわったもの、焙煎方法や鮮度にこだわったもの、カフェオレタイプ、コク重視かさらっと重視、微糖、ブラック・・・などのスタンダードなものに加え、コールド、ホット専用など季節ごとのスポット商品、そしてそれらを思いつくまま組み合わせたのではなかろか・・・と思えるもの。それに、ラムの香りやメンソール入りなどという珍味なる物まであってそれぞれが個性を主張している。ディスカウントストアの飲料コーナーに立ち尽くしながら、メーカーの勤勉きわまるエネルギーの乱費と消費者の飽きやすさをつくづく感じ入ってしまった。秋ごろには新商品が選び出すことが難しくなるほど氾濫して、ますます呆然となる。オラはそんな山の中から、コレ、コレダヨと思える一箱を選ばなければならないのだから大変なのだ。

 

缶をひっくり返したりその内容を熟読したりして、あっちにウロウロ、こっちにウロウロ・・・一度コレだと決めた箱を抱えてレジに向かった。かと思えば、引き返して違う箱を持ってまたウロウロ。新しく発売されたコーヒーの味を想像して悩み、甘すぎると嫌だからやはりいつも飲んでるものにしようかと悩み、やっぱり特売品にしようかと悩みしているうち、いつの間にか30分も缶コーヒーの前に立っていた。同じ味のコーヒーが一箱に30本も入ってるから失敗したくないのである。しかし、価格の安さも大事である。

 

おおいに悩んだ末、ようやくコレ、コレダヨと思える一箱を購入できた。本人は冷静で柔軟な判断で真剣勝負を制したと満足してるのだけど、おそらく他人は挙動不審のアホと見てるに違いない。^^

 

zihanki

 

冬はやはりホットで飲みたいね。オラは箱買いしてるコーヒー財閥だが、寒い朝に車の中で冷え切った過冷却コーヒーを飲んで体の芯から冷えたくはない。だから寒い日だけは自販機に、ついつい120円を入れてしまうんだ。銭っ子をいれると女性の声で、「おはようございます。温かい飲み物はいかがですか。」と、すかさずしゃべりだす。チョイ前は「イラッシャイマセ」と機械的なアナウンスが流れたのだけど、今時のは、今時の女の子の声でやさしく語りかけてくる。コーヒーを選ぶと今度は、「ありがとうございました。」の他に「つり銭の取り忘れに注意してね。」とか「またきてくださいね。」とかいうような事をおっしゃる。

 

市場には、コカコーラ社とダイドー社があって色々な味が楽しめるのだが、基本オラはダイドー社のコーヒーを選んでる。ダイドーのはポイントカードがあって、集めると必ず景品がもらえるのが嬉しいし、しかもそのカードを使って買うと、とたんに饒舌になり、「お久しぶりですね。」とか「今度は早くキテネ。」とかチョット色っぽくなるんだ。こうなると機械だとわかっていても、「はいよ♪」とついつい返事をしてしまうではないか。

 

zihanki3

http://community.livejournal.com/advertka/4754975.html

 

しかしそんなことよりも、この自販機はグリーン電力を使ってるから、いくら使っても放射性廃棄物が出ないというのがオラには嬉しい事なんだ。最近は経済産業大臣がグリーン電力に原子力を仲間入りさせたがっているのかと思わせるような発言があって、それが確信としてなのかそれとも単なる笑うべき稚拙なのか、ひじょうに悩むところだったりするが・・・。

 

二階経済産業大臣の閣議後大臣記者会見の概要 08/11/11経済産業省

【抜粋】・・・・次に、11月17日、来週の月曜日からでありますが、日本卸電力取引所において、電気事業者の間で、新エネルギー、水力、原子力などの「グリーン電力」の卸電力取引を開始することとなったので、皆様にこれを申し上げておきたいと思います。

日本卸電力取引所は2003年に設立されましたことは、ご承知のとおりであります。電力会社や新規参入事業者が電気の売買を行っているのであります。本年7月の総合資源エネルギー調査会の答申を踏まえて、電力分野の環境適合を進めるため、「グリーン電力」の卸取引について、関係者とご相談しながら準備を進めてきたものであります。

経済産業省としては、これらの取引の具体的かつ積極的な活用を通じて、グリーン電力の価値が高まることによって、グリーン電力の供給が促されて、ひいては新エネルギー、原子力等の開発が推進されることを期待しているものであります・・・・。

 

グリーン電力の需要が増えたからといって、電気そのものの需要が増えるわけではない。増えた分、減るのは火力や水力であって原子力が減るという事がないのが日本の政策だ。しかし、投資は変動する。 投資家ウオーレン・バフェット氏は、億単位の公的な補助金や不透明な核廃棄物処理、工場閉鎖にかかる費用などが曖昧なため、原子力発電の完全なコスト計算は未だ不透明だとして米アイダホ州の原子炉への資金的援助を打ち切ったりしている。

http://www.greenpeace.org/international/about/deep-green/?sup

 

こうなると、投資の面からもグリーン電力を応援したくなる。だから明日も箱買いのコーヒー財閥は120円を投資する事にしよう。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プルサーマル決定後の玄海町、初の議会
平成21年第1回玄海町議会定例会日付:2009年03月09日  〜 2009年03月10日  平成21年第1回玄海町議会定例会 会 期 3月9日(月)〜3月25日(水) 場 所 玄海町議会議事堂 議場  行政放送2チャンネルでの放送予定は次のとおりです。(1日2 ...続きを見る
閑甚日記
2009/03/07 15:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

mako屋

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ブックオフオンライン

Google AdSense

私のウェブサイトの価値は\3,826,119,609.97

饒舌な自販機 アングラな魚日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる