アングラな魚日記

アクセスカウンタ

zoom RSS stack

<<   作成日時 : 2009/02/02 00:16   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

土曜日、魚を愛車の気仙沼号(2トン車)に積んで気仙沼を出発するときには、みぞれ混じりの雨だった。内陸に入っていくうちに重い雪がドンドン積もってくる。

 

昨日までとても暖かくって、雪がなかったはずの峠道なのだけど、一気にドタドタと落ちてきた雪と深い轍にハンドルをとられ、そちこちで車が落ち始めた。

 

ochitemasu

 

この日だけで5台もみかけた。

 

arararara

 

坂の途中には登りきれずにスタックしたトラックがいた。よくみると、ロクさんである。気仙沼の魚屋だ。チェーンを引っ張り出してる姿をみて思わず、ガハハと笑ってしまった。笑い事じゃないのだけれど・・・。

 

sakanayasan-stack

 

このサイズのトラックは、後輪のタイヤがダブルなので、轍との相性が非常に悪いんだ。左右のタイヤとタイヤの間隔が軽自動車ほども無い。しかも、荷物も無いのでタイヤと路面との食いつきも無い。無いったら無い。

 

オラの気仙沼号はこのサイズに箱を乗せただけの冷凍車だから、重さの分だけ雪道は平ボデより幾分乗りやすいのだけれど、轍との相性の悪さは同じこと。轍の幅と後輪の間隔が合わないから、常にお尻フリフリ。カウンターあてながらの雪道走行になるんだ。肩がこるわけさね。

 

さらに奥に行くと、今度は風が強くなってきて、

 

kokodemo-ochiteru

 

空気も冷え込んで雪質がやや軽くなってきたなと思えば、今度は地吹雪である。

 

zifubukikayo2

 

いつも通る道でも、どこを走っているのかわからなくなる。

 

zifubukikayo

 

普段はこんな感じなのだけれども。

 

fudannomichi

 

帰り道。

 

さらに雪が積もってきて、走るのが辛くなってきた。竹がふさぐ道の先にはちょっとした難関がある。長い上り坂の間に20mほど急な部分があるんだ。

 

yabaikamo

 

そこで、スタック。

 

上り坂の途中で、進行方向を左45度に見ながら、動かなくなってしまった。汗をかき手で雪を掻き分けてたら相棒から電話がきて、今度はオラが、ガハハと笑われてしまったので、話の途中でブチッと携帯電話を切ったらなぜか電源まで切れてしまった。笑い事じゃないんだよって。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

mako屋

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ブックオフオンライン

Google AdSense

私のウェブサイトの価値は\3,826,119,609.97

stack アングラな魚日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる