アングラな魚日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北地方太平洋沖地震 3月12日の午後にしたこと (30pic's)

<<   作成日時 : 2011/03/21 15:11   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

津波の翌日、魚市場前の惨状を確認し、午後からは我が家の下の浜を見に行くことにした。

※この日の午前のことは前エントリーを参照のこと。

 

ルートは気仙沼市岩月千岩田より方浜、松崎馬場、そして面瀬方面ということに決めた。

 

CA3E0073

CA3E0074

まさか、列車が落ちているとは思わなかった。


大きな地図で見る

 

CA3E0075

一度線路の土手まで登って振り返る。

 

CA3E0077

線路は波によって右に大きくカーブし田んぼの方へ向かっていた。

 

CA3E0078

浜に降りる。

家が一軒浮かんでいた。

 

CA3E0079

死んだ鰈を見つけ、海に帰した。

 

CA3E0080

行き止まり。迂回。

 

CA3E0081

養殖物が打ち上げられている。

 

CA3E0082

線路は海面より10mほど高い所にあったはず。

 

CA3E0083

そこから見上げると、木にゴミが引っ掛かっていた。

 

CA3E0084

線路はなだらかに下り、松岩駅に向かっている。正面に大島、手前の波打ち際にはささやかな砂浜と長い堤防があり、そこに未舗装の道路があったのだけれど、もう無い。


大きな地図で見る

ここで方浜に向かうことを断念し、松崎馬場方面に向かう。

 

CA3E0085

正面に見えるのは自動車解体処理会社

 

CA3E0086

小野万の商品梱包用ビニール。

 

CA3E0087 

スルメイカが散らばる道路。

 

CA3E0089

電柱は根元からへし折られていた。

 

CA3E0091

小野万第2工場。2階の屋根に軽自動車。

 

CA3E0092

冷凍庫のドアは波によってこじ開けられ、つぼぬき冷凍イカのブロックが塊のまま飛び出している。

 

CA3E0093

ここは重油被害もなく、イカも凍っているから十分食べられる。勿体ないが、手をつけるべきではない。

 

CA3E0094

冷凍庫の中をのぞくと、イカと共にサバが散乱していた。

 

東浜街道に出る。


大きな地図で見る

CA3E0096

トラックは横転。

 

 

CA3E0098

安い服の店オリーブは商品が奥の方に押しやられていた。

 

CA3E0099

川印の松岩工場も同様だった。

 

CA3E0100

痛ましい。

 

CA3E0101

何も言えない。

 

CA3E0102

ここを抜けて、面瀬川へ。

 

CA3E0103

田んぼに船が横転してる。

 

CA3E0104

真いか沖漬のパッケージ。

 

CA3E0105

小型のタンクローリーが灯油を川にこぼしている。

この後、面瀬中学校に向かい、エースポート近くの魚屋さんにばったり会い、お互いの無事を喜んだ。

 

CA3E0106

その後、防災センターで水をもらい、夜は冷えるので焚火をして、そのまま夕食。

 

CA3E0107

19時半就寝。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

mako屋

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ブックオフオンライン

Google AdSense

私のウェブサイトの価値は\3,826,119,609.97

東北地方太平洋沖地震 3月12日の午後にしたこと (30pic's) アングラな魚日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる