アングラな魚日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北地方太平洋沖地震 3月11日当日から翌日12日の午前にしたこと。(35pic's)

<<   作成日時 : 2011/03/21 13:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011年3月11日、気仙沼から車で約2時間ほど離れた岩手県北上市にある仕出し屋さんに、メバチマグロ1本配達し、その戻り足の最中に地震に見舞われた。その揺れの大きさからただ事ではないと感じ、揺られながら女房にメールをした。地鳴り、土煙り、うずくまり悲鳴を上げている人たち。電柱が大きく揺れ、電線がパチンパチンと嫌な音を発して、その直後、信号が消えた。女房からの返信はなかった。

ラジオは雑音だらけでよく聞こえない。NHKFMは英語、韓国語、中国語の同時通訳か何かでよく聞き取れないので、携帯電話のワンセグで情報をとることにした。15時20分頃、前沢のお得意様に到着した時、ワンセグには信じられない光景が映っていた。岩手県の宮古魚市場が津波に襲われている映像だった。

気仙沼に戻ると、サイレンは鳴りっぱなし、大津波警報が発令されていると防災スピーカーが何度も避難を呼び掛けていた。自宅に戻ると、女房と娘がコタツにもぐりこんでいて、オラが部屋に入ると、「バアッ!」っと驚かすように飛び出してきて、ホッとさせられた。メールをすぐ返したが届かなかったことなど2人いっぺんに今日経験してきたこと全てを話され混乱しながら安堵する。東側の山は街の火災でオレンジ色に縁どられ、その上に真っ黒い煙が高く立ち昇り、空からは非情な雪が降っていた。

いろいろと覚悟しなければならない時が来たようだった。身内や友人知人の安否、仕事のこと、水、それから当面の食糧である。冷凍ストッカーには加工食品、冷凍食品が詰まっているし、トラックにはメバチマグロが半身とビンナガ2本半、煮だこ7キロ、ホタテ、アンコウ、活アイナメ、活アカガレイ3枚、ホタテの紐2キロ、サバなまり節3K入れ一箱、丸忠のカツオパック10パック、岡田商店のチリ産サーモンの本漬け20切れ、丸干しイワシ一箱、氷が1カゴ半。そのほかに、塩蔵ワカメ5袋、塩蔵昆布5袋、荒削りとろろ昆布、乾燥すき昆布2枚、野菜少々、米30キロ・・・・・。

電源が失われている、やがて氷が尽きだろう。そうなると、圧倒的に生鮮品が多い今の食糧ストックではいつまでもつか。鮮魚は大量の水を使い一次加工し、人の口に入るまで適正に冷温を保たせなければならない為、緊急避難所に支援物資として提供することができないのである。今後のことを考えて、現金化もしたい・・・・。身内の安否もわからないまま、眠れない夜を過ごしてると、弟が飛び込んできた。弟の奥さんも、生まれたばかりの姪も無事だという。しかし、アパートは浸水し、市場前にある彼の店はたぶんダメだろうとのことだった。とにかく、今夜は無駄に動き回らず、じっとしてここにいなさい。そう告げてようやく浅い眠りをとることができた。

翌朝、弟の逸る気持ちを察して、彼の店と魚市場がどうなっているのか見に行くことにした。以下がその時の画像である。国道45号線気仙沼バイパスを北上し、宇佐美ガソリンスタンドでガソリンは買えず、カップラーメンを買い、JR不動の沢の鳴りっぱなしの踏み切りを超え、元町橋を渡り右折、大川沿いの通称「ザワザワ」を通って幸町へ。気仙沼市ガス前に着いた。車で行けるのはここまでであった。

CA3E0018

 

CA3E0019


道路は津波によって破壊された瓦礫によって完全にふさがれている。彼の店はこの先にある。危険だがここを乗り越え行くしかない。

CA3E0020

CA3E0021
行きどまって迂回。

CA3E0029
迂回。

CA3E0032
線路のある土手に登る。が、行き止まり。

CA3E0034
誰かのアルバム。

CA3E0036
正面に見える茶色のビルはマルダイビル。

かつての風景がgoogle mapに見ることができる。

大きな地図で見る

手前のガードはふさがっている。
CA3E0037
屋根の上が駐車場。

CA3E0038
線路には冷凍カツオ。

CA3E0042
ここで、下の道はあきらめ、少し戻って市民会館のある高台から魚市場前に行くことにした。

CA3E0044
高台より
CA3E0045
船が燃えている。

CA3E0046
無い。

CA3E0047
弟の店はトイレの便器半分だけを残し、全てを持ち去っていた。

CA3E0048
まるきビルに取り残された2名、その奥から逃れてきた2名を救助し、魚市場に向かう。

CA3E0049
河北新報ビル前から川原田方面。

CA3E0050
やや進んで振り返る。

CA3E0051
海の市

CA3E0052
魚市場北側に着く。

CA3E0053


大きな地図で見る


気仙沼魚市場に着いた。

CA3E0054
活魚槽は全て流出。

CA3E0055
重油の臭いがする。

CA3E0067
馬鹿を言いあっていた仲買人詰所。

CA3E0056
小舟が打ち上げられている。

CA3E0057
ベルトコンベアー破損。

CA3E0063
内湾には延焼中の漁船。

CA3E0064
岸壁では何かが燃えている。

CA3E0061
市場桟橋は地盤沈下で水面が近い。

CA3E0065
津波の余波で、水が上がってきたので、あわててここを立ち去ることにした。

CA3E0068

CA3E0069

CA3E0071
一気に桟橋全体が水没する。

CA3E0070
ワニは泳げるからこのままに・・・・

CA3E0072
息を切らせながら高台に登り、振り返ると先ほど走ってきた道が水没していた。これが震災から津波翌日の午前にあったこと。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
小野万の塩辛が大好きで、検索していたら、このブログに出会いました。
あの震災から明日で7ヶ月。当時の生々しい写真を見て、改めて皆さんの受けた衝撃に驚かされました。

テレビでは瓦礫が撤去された後の映像と復興計画について放送しています。
地元の皆さんのコツコツとした努力に涙が出る思いです。
kituno_i
2011/10/10 08:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

mako屋

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ブックオフオンライン

Google AdSense

私のウェブサイトの価値は\3,826,119,609.97

東北地方太平洋沖地震 3月11日当日から翌日12日の午前にしたこと。(35pic's) アングラな魚日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる