冷凍かつお

 これは冷凍かつおのロイン。詳しく説明すると、秋に、三陸沖で、かつお一本釣り船が漁獲したカツオを冷凍し、バンドウという電気ノコギリで背腹などの筋に切り分け、身についた骨や血合いなどを、これまた専用機械できれいに削り取った物です。(←長いな)説明すると長いでしょ~。だから、うちら魚屋は、「陸冷カツオのロイン」で通してます。注文聞くうちに魚が腐っちまうからね。

画像



 皮は付いてますが、この時点で7割ぐらいお刺身にならない部分は捨てているはず。もったいないね~。まあ、捨てるとは言っても、魚粉などに加工されるので安心だよ。

画像


 これは昨シーズンの戻り鰹を使ったものなので、けっこう脂があります。やっぱり食べると旨い。大手スーパーではあまり扱ってないんじゃないかな。量も少ないからね。

画像


 「ロインってなんだ?」とよく聞かれます。オラが魚屋になったときから、冷凍魚を背筋・腹筋に切り分けたものはロインと呼んでたから、これはちょっとわからない。基本は背筋・腹筋に切りっ放しの骨や血合いなどの余計な物まで付いているものがいわゆる「ロイン」なんですが、業者さんによってもロインの基準があいまい。血合いや骨、腹の薄皮まできれいに取り除いた物もロインという形態で販売しているんだから、消費者は迷うわな。

ロインを辞書で引くと、

ローストに適する、牛や豚の肩・背の柔らかい上等な肉。「―カツ」


だそう。。。これって違うよね。多分。

別な辞書では「腰(こし)」‥‥これも違うと思う。だってさ、魚に腰はないでしょ。


で、加工屋さんに聞いたらズバリこの答え。


「わがんね~な。」



おいおい‥‥(-_-;)


人に言えるほどオラも知らないので、推理してみよう。


まずは「ロー」

魚を、背筋・腹筋に切り分けることを「下ろす」というから、-LOW-を当てはめてみよう。

あと、「イン」なんだけど、これは‥‥なんだ?

多分、オラが思うに‥‥これは「イン」ではなくて「ライン」ではないかしら。

背筋・腹筋の筋(すじ)は、英語に直すと-LINE-「ライン」でしょ。

LOW-LINE (ロウライン)

これが縮まって「ロイン」になった。

苦しいな~。







 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

2007年04月05日 11:28
そろそろ
目に青葉・・・の季節ですなぁ
あっ! よだれが…ごっくん(笑)
2007年04月05日 19:40
刺身にしたらかなり旨いんだろうなぁ♪
腹が減ってきた。
2007年04月05日 22:04
ようやく引越し完了っすー
旨そうなカツオっすね。
これ食ったら疲れも吹っ飛びそうです!!!
yoshikoskz
2007年04月05日 22:28
「ロイン」ってloinですよね。これ英英辞書で引くと、近いのは、以下かなぁ。。。

One of several cuts of meat, such as tenderloin, taken from this part of an animal's body, typically including the vertebrae of the segment from which it is taken.
怪しげな和訳つけておきます:
「ヒレ肉」に代表される切り分けた肉の塊。典型的なものとしては、脊髄を含んだ肉の塊




2007年04月05日 23:20
おきらく社労士さま
まいど~
あと2~3ヶ月ぐらいしたら気仙沼にカツオがやってきます。そう考えると、一年はあっという間ですね~。
私もカツオが大好き。
待ち遠しいですね~
2007年04月05日 23:26
こんばんは、RYOHEIさん
いらっしゃいませ~♫
そうそう、カツオ食べて、
アルバイトガンバレ~(^o^)/~
2007年04月05日 23:36
ヒデさん、お疲れ~
赴任先の近所に、いい川ありました?
うちの会社は単身赴任が無いから、ちょいとあこがれています。でも、ツインズ君たちと、なかなか会えないのはつらいな~。お互い、疲れをためないように、そこそこがんばりましょうね~。

2007年04月05日 23:43
おおぉっ!yoshikoskzさん
な~るほど、脊髄が付いた状態のお肉をLoin(ロイン)と呼んでいるんですね。
長年の疑問が吹っ飛びました。
ありがとうございます。_(_^_)_

あっちゃん
2011年09月13日 10:25
いやーおいしそうですね

この記事へのトラックバック