エゴは旨いか

 殺虫剤入り中国産冷凍餃子事件が初めてニュース報道された日、オラのうちでも生協さんの餃子を食べてました。食べたのは問題の餃子ではなく、確か・・・「宇都宮有名店の一口餃子」だったかな?これは、甘口(というより砂糖が入っているような甘さ)で、結構いけました。

こういった出来合いの加工食品って、数年前まで「安かろう不味かろう」だったけど、今では、ずいぶん美味しくなってしまい(苦笑)、うちでも結構利用してます。オラだって魚ばかり食べているわけではないのよ。

ウマカッタ ε-( ̄(エ) ̄*)/ ⌒ >゜)##)彡ポイッ

中国産の加工食品もかなり美味しくなりました。実際にスーパーなどで簡単に手に入る「安くて美味しいもの」の加工地は中国産の割合がかなり多く、食費を抑えたい奥様方や忙しく調理する暇が・・・という人などには重宝していたのではないかな。

ま、このように簡単に手に入る「美味しい食」を、日本人は「豊かな食生活」だと思っているようだけど、これは間違った認識ではないかとオラは思うわけ。

というのも、最近の「中国産毒入り餃子」などの報道を見るに、ただ中国批判を繰り返してるだけで、日本の食問題の本質を突いててはおらず、はたまたカロリーベースで日本の自給率は40%で安全保障上よろしくないだとか、農水系のお偉いさん方は「外国の食品を輸入するから日本人は「豊かな食生活」を謳歌できるだとかの発言をする始末・・・・相変わらず食の安全安心なんて言葉をお偉いさん方が安っぽく使いまくってるし・・・何か、忘れてるんじゃないかな。日本人のエゴを。

例えば、今回問題になった中国の天洋食品では、日本用の食を作るために40歳以上は一斉解雇などといった人権も保障されていないような労働条件の会社でしたが、日本人が知らず知らずにでも買う事で肯定するわけです。「あらっ安いわね~♪」と。オラもここで働いてたら首になってました。

例えば、発展途上国では子供らが飢えて死んでます。死んでいく子供たちは、バナナやパイナップル畑のすぐそばに住んでいるのになぜ??途上国は日本にお金を返そうと一生懸命に農産物を作り日本に送るからです。

もう、これは日本人のエゴでしかありません。で、それらを買う事で餓死を肯定する事になるわけです。では、「買わない方」を選択すれば・・・そうなると、同じく彼らの生存権すら脅かしかねません。

一方、そのようにして調達された「安い食」は日本の生産者たちや加工業者たちを苦しめてます。安い労働力で作られた食品でも、商品力(安くてうまい)がありますからね。そして、大型スーパーなどの安売り合戦がそれに拍車をかけてます。作っても高く売れない、あるいは原価無視で大量発注など、生産者には厳しい状態が長く続いていて、これではまるで「先が見えないトンネル」内で停止しているようであります。

一応、流通業の端っこにいるオラの周りでは、「中国産毒入り餃子」事件の影響で、中国産がまったく売れないなどという言葉が聞こえてくるようになりました。近所のオバちゃんは、「メガネを掛けてスーパーへ行くようになった。」とおっしゃってました。商品の裏に書いてある産地に「中国」の文字を探すため老眼鏡が必需品なんだってさ。自己防衛の手段と捉えられているようであります。

おかげで、国産物が注目されているようですが、加工品の添加物、そして原材料表示の記載されていない農薬のキャリーオーバーなどもあり、必ずしも国産品の安全が保障されているわけではありません。添加物の問題は長くなるのでいずれ・・・。

では、makoさん魚屋なんだから聞くけど、魚はどうなの?安全なの?なんて聞かれそうなので一応、一番触れられたく無い部分をリンクしときます。

◆High Mercury Levels Are Found in Tuna Sushi- New York Times

ま、こんな風に食の安全だとか安心だとかは「日本人のエゴ」によるところが多く、さらに地球温暖化問題、ロッカショ問題なども加わり、解決には抜本的な改革とかの大手術が必要で、もうこれは「どうにもならないんじゃない?」 的なあきらめムード満点なわけなんだけど、ここはもうひと頑張り。個人レベルで出来るところから・・・と、市民活動的発想で頑張りながら解決を祈るしかないと思うんですが、どうでしょうか。


例えば、オラのこないだの晩飯。
これ、かなり豊かな晩御飯だと思うんだけど、どうかな。
田舎でないと難しいけどね。

画像



地物で今が旬のアカガレイの煮付け

画像


身が柔らかでうまいんだ。
子(卵)がたっぷりだから焼くより煮付けがいいと思うよ。


摘んできたバッケで作ったバッケ味噌

画像


ご飯が進む。田楽に使うと季節感が出て良いかも。

画像


バッケの天ぷら
苦いから苦手・・・酒のつまみに。


それからハシリのホヤ酢。

画像


今年も去年同様、ハシリから身の入りがいいようです。

画像


これに、じーさんの米、味噌汁が加わりました。

こんな風に、一品、2品、3品と地元の食を意識して取り入れれば、いつかはきっと解決するのではないかと思うわけです。

え?

もうやってます?


これは、失礼しました~♪



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

電気猫
2008年03月02日 14:45
旨そう! これはもう究極の贅沢ですよ。
特にカレイにに煮付けはたまらんわ・・・子供の時からカレイの煮付けが大好きですねん。

地産地消が基本でない「食」はやはり異常です。
地球の裏側から運んできた食材が、国産より安いというのもおかしな話(グローバルな搾取構造をぶっ壊さないと)。
アフリカのカカオ農園で働かされている子供は、チョコレートなんか食べたことも見たこともないそうです(たぶん一生・・)。
まずはフード・マイレージ表示を義務付けるべきです。
最後は消費者の意識の問題ですけどね。
ヒデ
2008年03月03日 08:44
サラリーマンなんかやってると、毎月の収入が決まってるだけに支出を抑えようと努力する事に懸命になっちゃうんですよね。
自然と『安い物』を探す自分が・・・(汗)
値段に振り回されずに生産者と消費者が共存できる環境が理想なんでしょうね。
2008年03月03日 23:30
電気猫さん
アカガレイは今が一番うまい時。近くで見つけたら是非食べてみてください。

資本主義経済は奇麗事言っているとなかなか儲けに繋がらないのは知っているのですが、元々は人間の作った仕組みなんだから、良くも変えられるはずなんですけどね~。フェアトレードのような仕組みをもっと広げられたら皆ニッコリ出来るのでしょうけど・・・。
2008年03月04日 00:03
ども、ヒデさん
うちも値段に振り回されながら、けっこう中国産の物を食べてますよ。大丈夫かな~?なんて言いながらですけどね。

中国は全国の耕地面積の10%以上(約1000万ヘクタール)が重金属や化学物質などに汚染されていると2006年に発表してます。重金属に汚染された穀物は毎年およそ1200万トンにのぼります。
中国は日本の水俣などを訪れたりして環境問題に熱心なようです(最近は原爆実験の被曝保障もしているらしい)が、中国国内の富裕層(約一億人)は、環境問題より利益を優先しているようです。今回のような事件はまだまだ続くんでしょうね。

この記事へのトラックバック