ホウライヒメジ

お客様からホウライヒメジをいただいた。

 

houraihimezi1

 

ホウライヒメジ

スズキ目ヒメジ科ウミヒゴイ属

学名: Parupeneus ciliatus

FishBase Name: Whitesaddle goatfish

南日本~インド洋の浅い岩礁域やサンゴ礁の海藻繁茂場や外縁に生息。

 

ヒメジの仲間はその鮮やかな色合いから緋女魚、姫魚などいう漢字があてられ、まるで艶やかな着物をまとった女性を強くイメージさせるような和名を持っている。このくすんだ色合いのホウライヒメジもおそらく、水から揚げられ太陽を始めて目にした瞬間までは、もっと目が覚めるような緋色の、艶やかで女性らしい姿だったのだろう。

 

よく見ると、目の上と下から尾びれの方へ薄汚れた2本のストライプが流れ、腹部にも黄色いそれが見える。尾びれの付け根には大きな黒い鞍状のブチがあり、その鞍は側線の下まで達していた。

 

そして、アゴの下には髭がある。

 

hige1

 

大きなヒゲだ。

 

これまでさんざんヒメジ(緋女魚、姫魚)は女性的な名前だと持ち上げてきたのだけれど、実は、ご立派なヒゲが備わっているのである。

 

IMG_1190

 

外国ではどのように認識されているのだろう。

 

FishBaseNameには、Whitesaddle Goatfish とある。がしかし、どこをどのように見てもこの魚にはWhitesaddle(白い鞍)が見えない。見えるのは黒い鞍ばかりである。白い鞍は漁獲後数日のうちに消えてしまい、黒だけが残ったという事だろうか。

 

そして、Goatfish。直訳すると羊(ヒツジ)魚ということなってチョット微笑んでしまった。羊の髭、羊髭。やはりヒゲである。

 

houraihimezi2

 

このホウライヒメジは、日本の南からはるばる黒潮に乗って三陸沖まで来たところを捕まってしまい、気仙沼魚市場に水揚げされた・・・・というわけではない。ある日、岩手県内陸南部にある某魚市場から商品を仕入れて来た店主が、荷物の中に買った覚えのないホウライヒメジが紛れているのを発見し、ほとほと困っていたところ、魚名を特定したお礼に一匹頂いて来たというわけである。

 

面白いのは、買った覚えが無いのにもかかわらず、どう見積もっても安いとはいえない価格で伝票に記載され、代金をガッチリと請求されているという事だ。ついでに言うと、産地記載も無いのである。^^


現在、生鮮魚は産地を表記して販売されなくてはならないが、その魚を調理した場合、法律上産地表示はしなくても良い事になっている。

では、いったい産地は何処なのか。ぼうずコンニャク氏の「市場魚介類図鑑」によれば、和歌山や九州物が多いという事であるから、その産地はおそらく紀州から九州の間の太平洋側であるということが推察される。

 

ホウライヒメジ ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑

 

人気、味、共に良く比較的高値で取引されているようなので、本来は首都圏向けに発送された物だろう。魚体は、ややくすんでいて、しかもエラは酸化し既に赤ではないが鮮度はそこそこに保たれている状態であった。

 



さて、今度はホウライヒメジの身質などを見てみた。先ずは、その身を下ろすために、大きなウロコをはがしてみる。

 

IMG_1206

 

たった25cmほどの魚なのに、親指の爪よりも大きいウロコがバリバリはがれてきた。その大きなウロコと下向きのクチ、それからヒゲと、まるで鯉のようである。なるほど、海緋鯉属とされているわけだね。

 

IMG_1221

 

ウロコをはがした後、鮮やかな模様が現れた。

 

そのアップ。

IMG_1219

 

緋色の布に金糸で刺繍をしました・・・といった感じで、蓬莱なる台湾やら沖縄あたりの民族衣装が持つ鮮やかさを思い浮かべられた。

 

尾びれの付け根にあった黒い鞍の前には、うっすらと Whitesaddle が見える。

 

IMG_1223

 

ホウライヒメジを三枚に下ろしてみる。

 

IMG_1225

赤みがかった白身。

 

身を見ただけでははっきりと確認できないけれど、その身にはうっすらと、まんべんなく、しっとりとした脂があって照りがあり、包丁に油が移った。

 

クンクンしてみたが、嫌な匂いは無い。水揚後数日が経ったとはいえ、まだまだ刺身で食べられそうだ。

 

IMG_1224

 

この魚は、ポアレやムニエルなどがうまいのだという。フライパンにバターを溶かし塩コショウで味付けしたホウライヒメジの切り身を焼くのがポアレ。

 

実は、ポアロよりもホームズの方が好きだったりするオラは、小麦粉をまぶしたムニエルで食べる事にしようかなと思ってる。だけど、忙しいので身を下ろした後そのまま冷凍庫にいれて凍らせてしまった。味の追求はそのうち、ひっそりと・・・。

 

最期に、気仙沼のヒメジについて。

 

ヒメジは三陸にも住んでいるが、現在トロール漁の無い気仙沼魚市場では殆んど見ることが出来ない魚である。したがって地元のスーパーなどに並ぶ事は殆んど無いと言っていい。

 

himezi

◆2007/11/9 気仙沼魚市場にて撮影

 

特徴的なのは、アゴの下にある2本の黄色いヒゲだろう。このヒゲを器用に使い海底にいる餌を探る。

 

himezi1

 

この魚もまた、「女性の姿をし女性的な名前を持ったヒゲ面のおっさん」である。しかし、面白い事に彼らヒメジの仲間たちは、そのヒゲで味を感じる事ができるのだという。ヒゲで海底の砂や泥を掘り、餌の味を感じ、見つけるとパクッと食べる。つまり、触覚であり舌でもあるということか。




◆Hercule Poirot - trailer




◆参考サイト

ホウライヒメジ ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

飛んできました
2011年11月01日 19:03
文章が下手すぎ

この記事へのトラックバック