桜鯛

気象庁が4日、今年のさくらの開花予想(第1回)を発表した。今年は暖冬の影響でおおむね10日ほど開花が早まるのだという。一番早いのは熊本県熊本市なんだそうな。

気象庁 | 平成21年報道発表資料-さくらの開花予想(第1回)(北陸、関東甲信、東海、近畿、中国、四国、九州)

今朝の気仙沼魚市場には、熊本の天草から真鯛がきていた。三陸に一足早く届いた嬉しい桜の便りだ。九州から東北への長旅でくたびれたのか、多少お腹のあたりがクタッとしていたが、鱗輝き、鰭が長く美しい天然物である。

桜花爛漫の節、燐光が艶やかな桜色をした真鯛が深海から浅瀬にやってくるこの時期の真鯛は産卵を控えて非常に美味であり、「桜鯛」と呼び、昔から人々に喜ばれてきた。


sakuradai


桜の咲く時期に漁獲されるために桜鯛と名付けられたのか、鱗光の色彩が桜色だからなのか。これ、諸説あるのだけれど、オラはどちらも正解だと思ってる。例えば、「摂陽群談」には、鱗の色彩についての記述がある。

桜鯛
住吉郡境ノ浦にあり、夫木集和泉国に比す・・・春より夏に至り多く捕得るを以て世に・・・当浦の鯛厚味にして鱗の桜色成に因て号たるの所伝たり。

一方、桜の開花時期だとする記述。
「魚鑑」
四時ありとはいへど、桜花盛りのころ長美し、よってさくらだいと称ふ

「物類称呼」
桜鯛、堺鑑に、桜鯛泉州堺の名産なるよし見えたり、東武にても桜の花盛の頃此名有

などがあるんだ。

手っ取り早くいうと、今が一番安くてうまいってことさね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年03月07日 11:34
養殖モノでもやっぱり春が良いんでしょうか?先日アラ汁にしたんですが(アラだけ買って)いつもよりうま~~い!気がしました。気のせいか…
2009年03月09日 00:21
まるおおさん
こんばんは♪
天然物は、桜の時期は良いとされています。逆に、麦が熟する頃(産卵後)は美味しくなくなります。この時期の真鯛は麦藁鯛というそうです。
養殖に関してはあまりわからないのですが、やはり産卵前はよく肥え、産卵後は一時的に質が落ちるとおもいます。養殖魚は浅い生簀のなかで日の当たらないように覆いをかけて育てた箱入り娘ですから、タイの生理により質の変化はあるのでしょうけれど、周年品質の良い状態を維持がなされていると思います。
答えになりませんが、やはり、まるおおさんの舌が美味しいと思った時期が、一番美味しい時期なのではないかと・・・思います。

この記事へのトラックバック