お花見

お花見に行ってきた。

画像



気仙沼大川沿いのサクラは満開で、花見客でごった返っていた。近くの公園では「大川サクラ祭り」が開催されていて、いろいろと屋台などもあって賑やかであった。おそらくこの祭りの目玉は、気仙沼ホルモンと岩沼とんちゃんの戦いなのだろう。


画像



気仙沼ホルモンはニンニク味噌につけた豚のホルモンを炭火で焼き、刻んだキャベツと共に食べるというもの。オラも昔からよく食べているのがこのホルモンだ。よくお袋の背中におんぶされ、ホルモン屋に通ったもんだった。そのとき必ずといっていいほど、お袋の手には丼に盛られたご飯があった。ホルモン屋の周囲は真っ赤に焼けた炭で焼かれたホルモンから染み出すアブラが焦げ、煙がモウモウと漂っていて、店中には酔っ払ったオッサンが七輪と刻みキャベツの山盛りを前にしてベランメェ、油煙にかすみながらホルモンを口に放り込んでいた光景を思い出す。気仙沼ホルモンの正式な作法として、なぜキャベツを添えるのかはわからないが、オラのまわりの誰に聞いても「昔からそう決まっているのだ。」としか答えないため、オラもそうだとしかいえない。


画像



今日は、いつも食べなれている気仙沼ホルモンではなく、岩沼とんちゃんを食べる事にした。よく見ると、岩沼とんちゃんは炭火の網焼きではなくジンギスカン鍋を使用している。直火じゃないため気仙沼ホルモンより焼く時間がかかるためだろうか。しかし・・・すごい行列である。


画像



買うまで40分ほどかかってしまった。これじゃ、花見に来たのだかそれとも前のオッサンの頭を見に来たのかわからないではないかっ!


画像

40分も見た頭


で、ようやく買えたのがこれ。


画像


岩沼とんちゃんキムチセット 500円也


画像



この岩沼とんちゃんは、後から味噌ダレをつけて食べるタイプらしい。ま、ホルモンであるから味云々はどうと言うことも無いが、やはり、味をあとづけするため、肉に染込んでいないタレだけが異様に塩辛く、なかなか噛み切れないホルモンをもぐもぐしているうちに味が無くなって、嫌な味が出てきてしまった。


画像



キムチは美味しかった。だけど、白菜の冷凍解凍っぽい食感があって、ちょっと水っぽかったかもしれない。今回は出張という事であったので、いつものパフォーマンスが無かったという事なんだろう。でも、ま、美味しかった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 気仙沼 vs 岩沼 世紀の一戦は引き分け!

    Excerpt: 4月19日、気仙沼市の大川さくらまつりで、気仙沼ホルモンと岩沼とんちゃんの対決が行われました。 会場では4月13日に桜が開花し、まつりに合�... Weblog: 岩沼物語 racked: 2009-04-20 20:22