テーマ:日記

2011.3.23 東北地方太平洋沖地震後 朝日町から潮見町、弁天町方面へ(41pic's)

商港岸壁中央付近から北側。 南側 南西方向 西側の建物は丸加工の冷蔵工場 その隣、臼真倉庫 倉庫内には米が入っていたらしい。 向かいの気仙沼合同庁舎 一階はハローワーク、2階にはオラの登記簿があった。 土木事務所 津波避難ビルのマーク …
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

2011.3.23 東北地方太平洋沖地震後 川口町から朝日町商港岸壁まで(12pic's)

  川口町のはやし屋釣具店付近を曲がると、大船渡の大鮮(ダイセン)さんの空き箱があった。そこを右に曲がると正印渋谷の冷凍庫。さらに進む。   カネダイ付近に岡本製氷の特殊砕氷トラックが2台。     その向かい側にはフカヒレの小梨商店。   漁協超低温冷…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

2011.3.23 東北地方太平洋沖地震後 赤岩港、曙(あけぼの)橋付近(20pic's)

3月21日は不通だった曙橋。 気仙沼大川の最下流にある橋だ。 下流側欄干は消失している。     23日には通れるようになっていた。 オラは、一昨年の9月には、この近くに住んでいたのだった。   その跡がこちら。 今のところに引っ越す前、周りの人たちになぜ引っ越…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2011.3.23 東北地方太平洋沖地震後 気仙沼大橋付近

小牛田の親戚よりお野菜を頂いたので、何人かの友人におすそ分けをすることにした。朝食後、野菜をリュックに詰め込んで、ママチャリを走らせる。今いる松岩から魚町方面に行くのだけれど、腿がパンパンになってしまうからできれば化粧坂は通りたくない。というわけで、化粧坂を目の前にして右折、ザワザワを通って幸町に抜けることにした。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北地方太平洋沖地震後 3月13日のこと(38pic’s)

朝食はアイナメ、アカガレイ。   昨日見た列車に誰か取り残されているかもしれないと思って、徒歩で向かう。     遺体収容の現場で手を合わせる。   この集落を守るには、あまりにもささやか過ぎた堤防。   この日は携帯電話のカメラではなく、デジカメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北地方太平洋沖地震 3月12日の午後にしたこと (30pic's)

津波の翌日、魚市場前の惨状を確認し、午後からは我が家の下の浜を見に行くことにした。 ※この日の午前のことは前エントリーを参照のこと。   ルートは気仙沼市岩月千岩田より方浜、松崎馬場、そして面瀬方面ということに決めた。   まさか、列車が落ちているとは思わなかった。 大きな地図で見る &#1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東北地方太平洋沖地震 3月11日当日から翌日12日の午前にしたこと。(35pic's)

2011年3月11日、気仙沼から車で約2時間ほど離れた岩手県北上市にある仕出し屋さんに、メバチマグロ1本配達し、その戻り足の最中に地震に見舞われた。その揺れの大きさからただ事ではないと感じ、揺られながら女房にメールをした。地鳴り、土煙り、うずくまり悲鳴を上げている人たち。電柱が大きく揺れ、電線がパチンパチンと嫌な音を発して、その直後、信…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

2011.3.18 東北地方太平洋沖地震後 鹿折から魚町方面へ (21pic's)

安波トンネルをくぐって鹿折へ   ライトがないと辛い、長いトンネル。   トンネルを抜けると鹿折の街が見える。   2011.3.15 jiji動画よりキャプチャー       3.18には瓦礫と化した生活の破片が道端に寄せられ、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鹿折なう

地震、津波、そして流出した油によって大炎上した鹿折に到着した。途中、一杯屋梟のオヤジから自転車をお借りして、ギーコギーコとやってきた。そこで週刊文春さんからインタビューされた。 画像は打ち上げられた第18共徳丸
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR気仙沼線の列車

我が家は津波の被害が無かったのだけれど、二軒隣は二階建の一階部分に隣家の屋根が突き刺さっていた。その下には気仙沼線の列車が民間に突き刺さっていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

災害救援ボランティアなどをしてみる

昨日17日、オラのトラックで救援物資の輸送をお手伝いした。銚子港より缶詰やカップラーメン、切り餅、米、佃煮、毛布、おでん、卓上コンロ、灯油など6パレット分の物資が気仙沼魚市場に到着。これを物資配給センターに届けたのだった。残骸が多く残る海路を銚子港より運んで来てくれたマグロ延縄船弟37傳丸の皆さんありがとうございました。現在、気仙沼魚…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

無事です

みんな生きてるかい!うちは高台にあるので津波の被害はありません。食べ物は売るぐらいあるので大丈夫です。 mako@管理人
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

そうめんたべたい

    昨日、鼻から素麺をたらしたような魚が水揚げされた。        この魚を見て、麺類を食べているときに笑わせてはいけないと思った。     ◆チョウザメ(蝶鮫) チョウザメ目チョウザメ科   &#…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カツオと共に去りぬ

毎日がとてもあわただしくて、ブログをだいぶ留守にしてしまった。アクセスしてくださった皆様には深くお詫びいたします。ごめんネ。     いつの間にか、市場では今年の漁を終えたカツオ一本釣り船が、お土産を沢山かかえぞくぞくと帰途についている。     アイナメには紅葉が始まり、 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

引越しは大変だった

なんとか家の中に荷物を押し込んで、ようやく引越しが一段落した。 引越ししながらまず驚いたのが、その荷物の多さだった。いつの間にこんなに貯め込んだのだろうと我ながら呆れる程である。思い出があって捨てられない物は別として、まだ使えるがしばらく使わなかったモノ、用途をかえれば何とか使えそうなモノなど、出るわ出るわ。今回の引越しで学んだ事とは…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

秋だね~♪

今年は、春から夏への境目が無かった。   なかなか明けない梅雨空の、見上げれば灰色の、だだうっとうしく肌寒い夏を過ごしていたのだが、今朝の空はそれとは違う、深い竜胆色をした秋の空が広がっていた。   もう、早朝の魚市場はジャンバーなしではいられないほど肌寒い。市場を吹き抜ける風に秋のにおいをきいた。 &#1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選挙の後はコンサートに行った

衆議院選挙は民主党が圧勝だった。4年前の小泉郵政選挙と同じ、単独で過半数を占める政党が誕生したわけである。みんなの考え方に多様性が無くなりつつあるのだろうか。あれだけみんな、数の優位による強行採決を嫌っていたのに、また同じ性格を持つ政党を誕生させてしまったのだから、しばらくは文句は言えまい。   公約のなかで民主党は「暮ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

mako、PTAノ行事ニ参加ス

生まれて初めて、PTAの行事に参加してきた。今回は、もちろん親としてである。こういうややこしいのは、全部女房に任せっぱなしなのだけれど、今日は一ヶ月前から、この日のために予定を組まれてしまっていたもんだから、どうにも逃げようが無いのである。   普段こういう行事に参加した事が無いから、会場に着いたものの、最初、一体何をして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面白いタコが面白いタコを見たらしい

相棒が面白いタコを見たと言った。オラは、その「面白いタコ」とは君の事ではないかと思いながら聞いてあげる事にしたんだ。なんでも、そのタコは、巻網運搬船がカツオを水揚する前に、魚倉に浮いた大量の氷を岸壁に山積みした中にいたらしい。   「面白いタコ」曰く・・・・   最初見たときには、ただのタコだと思ったけど、指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嬉しい贈り物

嬉しい事は続くものですね。先月、書籍『呪われた日本地図』をいただいて喜んでいたら、今度はバッチをいただきました。     先日、ご多忙中のぼうずコンニャクさんに、大きなオキメダイを送りつけてしまって申し訳ないと思っていたのですが、その氏からお礼にとバッジが送られてきたのです。   送ります :…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『のろわれた日本地図』

のろわれた・・・・なんて聞くと、古めかしくて、おどろおどろしいと感じるかもしれないが、自分の周囲を見回してみると意外と身近に、こうしている今もピッタリそばに寄り添っているもんである。例えば、日本人の精神世界の中には「豊かな生活」というシンボルがあって、それが今の環境問題や戦争、貧困、身近な人の死などにつながっていることぐらいは、みんなう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

油を回収するって大変だね

どうやら、マグロ延縄船が油をこぼしたらしい。ツーンとくる油の匂い。      その中で、必死に油を回収する人達。       油が漏れた時、ちょうど潮が満ちていく時だったために、潮と風に運ばれ油は奥へ奥へと流されていったらしい。しかし、回収が広範囲に及んだため手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ど根性桜

市場の近くにある一景島公園の桜が、初夏を思わせるようなこのところの暖気ですっかり花開いてしまった。     4月11日の土曜日には2分咲き程度だったのだけれど、13日の月曜日にはもう既に満開である。なんとまあ、慌しく咲いたもんだ。軽くゆすってみたら、桜の花の香りがふあっと散らばった。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もったいない物

事物とは、徹底的に使われ、あるいは酷使され、壊れてもなお、形を変え常に手あかが付いた状態であるというのが望ましいのだ・・・とはわかっているのだけれど、壊れて動かなくなった物は一旦修復を試みるがすぐ挫折するし、直せないとわかると、今度はどうやって捨てようかとつい考えてしまうものである。体が大きくなって着られなくなった服、洗って縮んだ服、流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウサギが跳ねだすと漁師は網をたたんで港に帰るんだとか

清涼でよく澄んだ北よりの風が、とても強い一日だった。     強い風で細かくちぎれた雲が、朝日のほうに向かってすっ飛んでいく。内湾に目を向けると、着水しようとしたカモメが不意の突風ではじかれて、あっという間に見えなくなった。     海面は、小さな風波が砕けて、白いウサギが跳ね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かも

茶色い頭に赤い目。背がグレー。   黒いクチバシに白のアクセントあり。   市場の前に見慣れないカモがいた。       潜っちゃったよ。       結構長い間潜水してた。たぶん餌をとってるんだろう。   魚を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気仙沼内湾のマグロ漁船をミニチュア風にしてみた

気仙沼港に停泊しているマグロ漁船。 今度、いつ出港するのだろうか。   河北新報/ 漁場が消える-三陸・マグロ危機     ■toyphotoで加工した画像   ■元画像   画質改良版&OSX(intel)版 ミニチュア写真作成ソフト / 平林 純@「hi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

啓蟄

今日は啓蟄。   役場には定額給付金、道路には覆面パトがぼちぼち出没し、そしてコタツからはゴソゴソと、オラが出てくる頃である。しかしまだ、三陸の冬枯れのまだ雪の残る渓で、指がちぎれそうになるほどの寒風にさらされながら釣りをする気が起きないでいる。早朝などは、釣糸に付いた水滴が凍り、糸を通すガイドがふさがるほど冷える。出来れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漁師が網を捨てた訳

ある日、大陸の東側にある小国がごく些細な事で崩壊し無政府状態になったとする。理由はこのさい何でもいいことにする。たとえば、一発に銃声。バルカン半島で鳴り響いた一発の銃声がきっかけとなり第一次世界大戦が勃発したサラエボ事件。あるいは、先進国蔵相会議の後でもうろう会見した直後に暴走し美術品をぺたぺたした事がきっかけで・・・でもよろし。ごく些…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手作りパン

娘が、パン生地で「プリキュア・フレッシュ」に出てくるネコのような、あのよくわからん生き物を作ったらしい。大阪弁を喋るイタチじゃない方のやつサ。これは、パン生地を一時発酵させ、膨らんだら分割、ちょいとベンチタイムさせた後の成型段階。     これを二次発酵させるんだ。   で、膨らんで、こうな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more