テーマ:ニュース

泥棒クジラ

ナショナルジオグラフィックが、2006年に撮影した「泥棒クジラ」の動画を公開した。この動画には延縄にかかったギンダラをマッコウクジラが上手に針から外している様子が写っていて、クジラの頭の良さには、オラはほとほと感心してしまったのであった。   世界初、泥棒クジラの撮影に成功 - ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

またやっちゃった

北が、地震発生装置の開発に成功したようです。 なんちゃって。 あこがれの北朝鮮 忌野清志郎&泉谷しげる RCサクセション サマータイムブルース~LOVE ME TENDER
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トンボ61トン

今シーズンのこれまでのカツオ漁はあまり思わしくない状態が続いていたために、価格、品質、入荷が3拍子揃っての不安定。ただでさえ不況で売り上げのままならない生鮮スーパーの連中は、昨年のデータを睨み、うつむいたままの今年の折れ線グラフを睨みしながら「早くカツオが気仙沼に入って安定してくれればな~。」と、オラにボヤく毎日だった。5月に入って巻網…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CO2 出てますけど

チョット前に、こんなニュースがあった。 ■引用開始 原発 温室ガス/「ゼロ」じゃない/年82万トン 運輸・郵便部門に迫る/政府・財界の“推進宣伝”はごまかし/政府資料で明らかに 日本の原子力発電所や核燃料製造施設などから、中規模火力発電所一カ所分並みの年間約八十二万トンの温室効果ガス(CO2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

藤の蔓で籠を編みながら、最近のニュースをブツクサ

最近、「!!!」 とか 「???」 としかいいようのない大きなニュースが立て続けに耳に入ってきて、しかもその一つ一つの輪がとても大きくしっかりと繋がっているから、話がより大きくなってつかみ所が無くなり、呆然とさせられる事が多かった。大切な話だから、どこをどう理解し消化しようか(ブログに書こうか)、そのままゴクリと飲み込もうか(サボろうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メガマウスザメは ごちそう

なんと、鮫の希少種メガマウスザメがフィリピンでつかまったんだそうな。世界で41匹目なんだという。2007年7月11日に石巻魚市場で水揚されて以来となる。普段気仙沼港に水揚していた巻網船が石巻に水揚したという事で、あの日気仙沼魚市場が休市でなければ・・・なんてついつい思っちゃうんだ。 フィリピンで捕まったメガマウスザメは、解体された…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

裁判員制度とブラ

裁判員制度がまもなく始まるというところで「裁判員制度ブラ」とはトリンプもなかなかやるもんである。すっかり話題に乗せられてしまった。 天秤は、司法でいう所の公正と平等を意味していて、その公正と平等の天秤でおっぱいを隠すとどうなるのか。それは右に傾くのか左に傾くのか・・・。オラはこのへんが気になって気になってしょう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

自戒を込めて・・・

今朝、全国20万隻の漁船が一斉休漁を行った。東京では燃油高騰対策を求める「全国漁民大会」が行われ、けしぇんぬまからも多くの漁師がデモに参加している。そんな7月15日の午前11時。魚市場の方角から船の汽笛が聞こえた。抗議とも怒りとも悲しみともつかない長い長い汽笛の音。うちの市場内で、デモに参加しなかった漁業者やその家族が「漁業経営危機突破…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漁船20万隻が全国一斉休漁・・・市場も右ならえ

7月15日、全国の漁師さんが一斉休漁をする。よってうちの市場も臨時休市だ。   詳細は以下から   ■燃油高騰、県に補助要請 気仙沼遠洋漁協 河北新報 - 2008年7月7日 漁業用燃料の高騰に悩む気仙沼遠洋漁協(宮城県気仙沼市)の鶴本正輝組合長らが7日、県庁を訪れ、燃油の一部…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

メバチマグロのドザエもんとアンパンマン

北京五輪大会のセーリング競技が行なわれる山東省青島市の周辺海域で緑藻類が大発生し競技に支障が出る恐れがあるため、当局は撤去作業を人民総出で行ってるんだそうな。まさに人海戦術だね。 詳しくはこちらから。 藻類の大量発生で五輪ピンチ、人海戦術で撤去―青島 2008/06/30 サーチナ中国情報局   動画もドーゾ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まとめて読んでみた

  ■石井孝明の「温暖化とケイザイをめぐって」WIRED VISION 「温暖化の解決策は原発」か?〜社会に与えた傷は何か【その1】 http://wiredvision.jp/blog/ishii/200804/200804241100.html 「温暖化の解決策は原発」か?〜作られなかった合意形成の場【…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュースだっちゃ

めっきり寒くなってきました。寒い朝には海面から気嵐(けあらし)が立ち上ります。そろそろ、モモヒキをはこうかな~。ラクダ色のやつ。 こんなに寒い朝、気仙沼ではアワビの開口があったんだって。今年のアワビは、抱卵中だったり、あまり海藻を食ってないようで、ガリガリに痩せているんだそう。とにかくウニが増えちゃって海藻をバクバ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

坊さんを殺すなんて‥‥バチあたりだね

 今日は、気仙沼魚市場の日曜開場ということでしたが、肝心の水揚げされたカツオの品質がいまいち‥‥(-_-;)、そんでもって、無いもの相場とうことで高値。。。おかげで、ブログを書く力を残すことが出来ました。(笑) というわけで久しぶりのエントリーです。さて、オラがブログを留守にしていたあいだに、お隣の岩手県一関市東山町では、坊さんとそのお…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ザトウとミンクは「絶滅危惧種」から除外だそうで‥‥

 ザトウクジラとミンククジラの生息数の増加が確認されたとして、この2種が「絶滅の懸念が少ないランク」に格下げされたそうで。ほほ~ではでは、早速、商業捕鯨を再開だ~♪‥‥とはいかないもので捕鯨再開には大きな問題がまだまだ山積み、なんたって「捕鯨問題」って言うぐらいじゃない。  山積みの「捕鯨問題」がどれほどあるのか、ちょっと確認しと…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

巨大なウバザメ 定置網に~茨城日立沖

 このウバザメ(姥鮫)の画像は、2006年5月11日、気仙沼港に水揚げされたものです。ネズミザメ目ウバザメ科のウバザメは15mほどに成長するようなので、このとき水揚げされたウバザメは、確か・・・5~6mぐらいだから、まだまだ半人前・・・半姥鮫前でしょうか。(笑) とにかく、デカイやつさ  毎年、春先の今頃には三陸の沖…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

人間も住める惑星発見ってすごいね

 はるか、はるか20光年先の太陽系外に人間が住めるかもしれない惑星を発見したそうな。 ■AFP BB News 地球型新惑星を発見、水が存在する可能性も - フランス http://www.afpbb.com/article/1539409 ■人間も住める惑星?20光年先に発見…1年は13日  http:/…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高レベルは白紙 ~高知県東洋町~

 ずっと注目してきた選挙でした。結果は、高レベル放射性廃棄物誘致について文献調査反対の沢山氏が1821票。そして、高レベル放射性廃棄物の最終処分場誘致を独断で応募し、リコール寸前で辞職した前町長の田嶋氏761票となったようです。 当然でしょ。  原発から出る高レベル放射性廃棄物とはいいますが‥‥日本の場合、再処理した後に出る…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

ホヤは、全面撤去だそうです

 韓国でおきた日本産ホヤのフィーバーのおかげでホヤがバンバン売れに売れ、種まで売ってしまったホヤ養殖業者さんがホヤ不足に陥り、種稲ホヤを韓国から輸入して自身のホヤ畑で栽培、そしたら「ふにゃふにゃ病」なるホヤの殻が破れる疾病が発生し、ある海域ではホヤが壊滅状態、「水温の影響だ」などと思っていたら実は、パラミクサ類の原虫の仕業でだったのかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2007年3月1日の市場

海は相変わらず時化(しけ)続きです。 内湾は風波が立ちキラキラ。 風が冷たいなと思ったら、鼻水がタラ~ン。 今朝は、今年初のホヤを仕入れてみました。韓国産のホヤ種苗原虫事件の影響も心配されましたが、とりあえず気仙沼海域では原虫はいないということで一安心。 でも、仕入れたのは岩手県産の5年物だよ …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

MAKOは、「絶滅の危険が増大している種」に格上げ

この記事は、うちのBlogPet気仙沼君が書いたものではありません。  中華料理の食材であるフカヒレの需要が高まり、外洋性で繁殖力の弱いサメ類が、次々絶滅危惧種リスト(レッドリスト)に掲載され、そのうちMAKO(マコ)は、準絶滅危惧種から、「絶滅の危険が増大している種」に危険度が一段階格上げされたとのこと。オラのことじゃ~ないよ。…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

原虫確認調査始まる~石巻以北のホヤ養殖場

 パラミクサ類の原虫に感染した韓国産のホヤ種苗が、宮城県内のホヤ養殖場に流入した恐れがあり、場合によっては産地崩壊もありえることから、マボヤ養殖日本一の宮城県沿岸が韓国の原虫に負けてたまるか!と、水際で頑張っているとのこと。  宮城県は、石巻以北15漁協内のホヤ養殖場20ヶ所で、各10個ずつ計200個のホヤを採取して原虫の有無を確…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

原虫寄生の韓国産ホヤ種苗が宮城流入 感染の危機について

 最近、三陸産のホヤ(まぼや)が「韓国」で大ブレークしていて、大量にしかも屑まで高く買い取ってくれるために、三陸の一部の産地が品薄になるというおかしな現象が数年前から見られるようになり、それに加えて生育不良やら、何処ぞの浜ではホヤが大量に腐って落ちるという災難?つづきで今年のホヤはどうなんだろう、うちでは今年ホヤで商売になるかしらと心配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラブカ【動画あり】

 いやはや、サメというのはおもしろいですね~。あわしまマリンパークのスタッフが撮影されたラブカの映像はすんごい。ラブカが沿岸の表層をよたよたと泳いでいる姿を実際に見たいものです。GoogleVideoやYouTubeにもラブカの動画があったので貼っておきます。外国のサイトには元気なラブカの動画がありました。 ラブカ  カグラザメ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

あの納豆品切れはなんだったの?あるある納豆ダイエットの捏造(ねつぞう)って本当?

ちょっと!(怒) いまごろ、「納豆ダイエットは、ねつ造」でしたってどういうこと? <あるある大事典>「納豆ダイエット」はねつ造 関西テレビ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070120-00000053-mai-soci  うちでも、女房が「食べてダイエットだなんて楽チン楽チン。」と…
トラックバック:35
コメント:11

続きを読むread more

納豆品切れ‥‥で、注文が入ったのはいいけど

 【追記あり】1月7日に放送されたフジテレビ系列「発掘!あるある大事典II」。たしか‥‥納豆を一日2パック、かき混ぜてから20分置き、2週間食べ続けると、納豆の大豆イソフラボンが痩せるホルモンを刺激してダイエット効果を発揮するっていう内容でした。  「あるある」を一生懸命に観ていたうちの女房も、翌日から納豆をしっかりと食べてます。…
トラックバック:21
コメント:2

続きを読むread more

ローソンde刺身&鮮魚(まぐろ・イカ・タコなど)販売

ほほぉ~、コンビニでお刺身が買える時代が来ましたか。 魚屋のオラから見れば嬉しいような迷惑のようなお話ですね(ーー;)  お魚が売れて、ばんざ~いならいいのだけど 「生鮮コンビニ・ローソン100」のご近所にある魚屋さんにとっては 迷惑なお話。 そういえば‥‥ 岩手県にあるクボホームセンターで、お刺…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

築地の初売り~本マグロのお値段~

 今、オラの手元に2007年1月5日付けの『築地の大物(マグロ)相場表』があります。地方にいてもこういう情報がバンバン入ってきて、数時間後には世の中の相場などがわかるようになりました。便利になったもんだね。といいながら5日の記事を今頃書いていたりする‥‥。  毎年話題になる築地の初売りマグロ相場。今年はどうであったのか『築地の大物…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

鮭児

 愛知県の百貨店で「鮭児」が販売されているそうな。お値段は、魚屋もびっくりの一尾115500円(多分税込み)だってさ‥‥。(-_-;)  この鮭児とは、秋に水揚げされる白鮭(シロザケ)、通称「秋サケ」の中に混じる未成熟で小ぶりな「シロザケ」の事なんですが、その身はクセが無く、高い脂肪含有率と数万本に一尾という希少性も手伝って、一度…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

サンマ漁船座礁事故から1週間 

 大型の低気圧のために宮城県女川沖で座礁し、乗員15名が未だ行方不明となっている気仙沼「山代水産」の大型サンマ棒受け網船「第7千代丸」の座礁事故から一週間が過ぎました。行方不明者のご家族や関係者の心労も大変なものだと察します。早く見つかるように祈ってます。さて、izaのニュース記事に「1円でも高値」と遠い港へ サンマ漁船事故から1週間」…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

海青丸お初!

 気仙沼港から9月3日に初出航した『海青(かいせい)丸』149トンが、10月6日に初水揚げをしました。先日、沿岸を強烈な低気圧が通過する直前、第7千代が座礁した日の朝の事です。  この『海青丸』は、気仙沼遠洋漁協が省人・省エネ、高鮮度保持実験船として建造した次世代マグロ延縄船として地元気仙沼はもとより、日本中から注目されていて(ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more