テーマ:被曝する三陸の海

米国原子力規制委員会(NRC)の福島原発から約80キロ以内に住む米国人の避難が適切であることの根拠

  アメリカでは、全身に対して10ミリシーベルトを上回る放射線量が予想されるとき、防護措置勧告が行われるようです。そして、最悪の場合、80km圏内が、その範囲に入ると予想しているようです。 枝廣淳子さんのe`s inc http://www.es-inc.jp/ の環境ニュースメールより     …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

祝島からの呼びかけ

【緊急!】シーカヤッカーからの呼びかけ ダイドック冒険学校の原康司くんを始めとする、海を愛するシーカヤッカーからの呼びかけです。 以下、転送・転載歓迎です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 全国の海と自然を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選挙の後はコンサートに行った

衆議院選挙は民主党が圧勝だった。4年前の小泉郵政選挙と同じ、単独で過半数を占める政党が誕生したわけである。みんなの考え方に多様性が無くなりつつあるのだろうか。あれだけみんな、数の優位による強行採決を嫌っていたのに、また同じ性格を持つ政党を誕生させてしまったのだから、しばらくは文句は言えまい。   公約のなかで民主党は「暮ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投票前に参考にしたい7つのサイト

  ◆エコ議員つうしんぼ 衆院選、投票まえに、エコ議員つうしんぼ   ◆MAKE the RULE(メイクザルール) 未来を選べ! 衆議院議員選挙候補者をエコチェック   ◆News2u.net「 生活クラブ事業連合生活協同組合連合会」 「六ヶ所再処理工場」について衆議院議員選挙立候補…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えっ、シルクロードは核実験場だったの?

かつて、NHKが放送していたシルクロードシリーズは、とても好きで見ていた覚えがある。今まさに砂漠に消えんとする楼蘭という都市などは、いつか行ってみたいとも思っていた。しかしNHKが取材していたその頃、中国では楼蘭周辺で大規模な核実験をやっていたんだという。今週の週刊新潮2009年07月16日号にそう書いてあった。これが本当ならば、ちょっ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

【知識共有】 プルサーマルって何??の疑問に応える学習会

核燃料って繰り返しリサイクルできるって、わぁステキ!なんて思ってるのんきな人はいないと思うけれど、何となく、ただ漠然と、事業者の繰り返し繰り返し唱える「安全に慎重に・・・」という言葉に、怖いけど多分安全かも~と思っている人もいないとは思うけど、やっぱり放射能って怖いんだなぁ。だからみんなでプルサーマルについて一度きっちり学んでおく必要が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金ヶ崎町は全会一致で採択だそうです

重茂漁業協同組合、岩手県消費者団体連絡協議会、豊かな三陸の海を守る会が岩手県金ヶ崎町議会に提出していた『 「放射能を海に流さないこと」とする法律、放射能海洋放出規制法(仮称)の法律制定を求める請願』 が、継続審議や六ヶ所再処理工場視察、電カ会社による議員への戸別訪問(大爆)などをへて、本日、本会議において全会一致で採択されたことをお知ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CO2 出てますけど

チョット前に、こんなニュースがあった。 ■引用開始 原発 温室ガス/「ゼロ」じゃない/年82万トン 運輸・郵便部門に迫る/政府・財界の“推進宣伝”はごまかし/政府資料で明らかに 日本の原子力発電所や核燃料製造施設などから、中規模火力発電所一カ所分並みの年間約八十二万トンの温室効果ガス(CO2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

藤の蔓で籠を編みながら、最近のニュースをブツクサ

最近、「!!!」 とか 「???」 としかいいようのない大きなニュースが立て続けに耳に入ってきて、しかもその一つ一つの輪がとても大きくしっかりと繋がっているから、話がより大きくなってつかみ所が無くなり、呆然とさせられる事が多かった。大切な話だから、どこをどう理解し消化しようか(ブログに書こうか)、そのままゴクリと飲み込もうか(サボろうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県楢葉町の草野孝町長が、高レベル放射性廃棄物の最終処分場誘致を検討だそうな

いずれ、どこかに埋めなくてはならないとされている高レベル放射性廃棄物ガラス固化体。いわゆる、「核のゴミ」の話である。この「核のゴミ」を地層処分する最終処分場を誘致しようと、福島県楢葉町の草野孝町長が手を挙げた。これについて、福島県知事は現在、「そのような考えは無い」としている。埋めずに見守り続け、わが世代の愚かさを次世代に伝えるという選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

質問

2009年3月5日 参議院予算委員会 主濱 了 議員(岩手選挙区・民主党) 質問   ■動画はこちらから 参議院インターネット審議中継-2009年3月5日 (木)予算委員会 予算委員長 主濱了君 主濱 了 議員 次に 青森県六ヶ所村にあります核燃料再処理施設に関しましてでございます。そこに面して…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ツカエルがツッカエル

ニポンゲンネンさんのキャラクターに、カエルの『ツカエル君』というのがいるんだそうな。核燃料はくり返し使えるってことでのツカエル君だとは思いたくないのだけれど、どうやらそのようである。今、再処理工場はアクティブ試験が停滞している。昨年の元旦、高レベル廃液を作るガラス溶融炉の底にネバネバしたものがくっ付いてしまい、勝手にお正月休みをとってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「六ヶ所村ラプソディー」東日本サミット

  若き日に旅をせずば、老いての日に何をば語る・・・と、ゲーテは書き記したように、今日は、老いての日に語れるような旅をしてきた。今回の旅は岩手県の盛岡で行われる「六ヶ所村ラプソディー」東日本サミットである。だからちょいと言葉を入れ替えて・・・老いての日、子供らに「なぜ海を汚されないように頑張らなかったのか」と言われないた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

饒舌な自販機

オラは仕事中、缶コーヒーをひと時も手放さない缶コーヒー中毒なのだけれど、自動販売機なんて大切な電気の無駄だと思ってやまない人間でもあるので、いつもディスカウントストアで箱買いした缶コーヒーを飲んでる。コーヒーの甘さや味にも多少うるさいところがあるのだけれど、それに輪をかけた優柔不断でもあるので、いつもディスカウントストアの飲料コーナーに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

歓喜の中の暗い人

どうやら、マダラが軍団でやってきたようだ。この時期、産卵期を迎えたマダラは腹をポンポコリンに膨らませ浅場にやってくるんだ。しかし、いつもの年に比べればまだまだ控えめな水揚量だ。ささやかな小爆発ってとこか。漁師さんがタラ漁に切り替えていないのか、タラが少ないのかなのだろうけども、マダラの産卵期はこれから。2月いっぱいまでは期待できる。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

JARO ni toriaez

「原子力発電は、発電時にCo2の排出が少ないクリーンな発電方法です。」というCMがTVから流されるたびに、「ケッ!」と短い抗議をTVに向かって言うことがオラの日課だった。最近は「原子力発電にご理解ください」というようなCMも流れていて、それについては、「なかなかいい事言うじゃん。」と思ってる。ここで言う「ご理解」の意味は、「ガタガタ言う…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

お知らせ

■「六ヶ所村ラプソディ」上映会in久慈 (久慈市文化会館アンバーホール:小ホール) 日時2008年11月28日(金) ◆開場:18:00◆上映開始18:30 入場料:大人1,000円、中高生500円、小学生以下無料 主催:上映会in久慈実行委員会 協賛: (有)総合農舎山形村、短角牛肥育部会、短角牛生産部会、いわて生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お知らせ

鎌仲ひとみ監督が仙台に来ます。 11月16日(日) 仙台市青年文化センター 「六ヶ所村通信no.4」上映会&監督講演会 13:30 開場 14:00 開演・映画上映開始 15:25 休憩 15:40 鎌仲ひとみ監督講演会 16:30 終演予定 オラは行けないけども。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニコミ通信『止めよう!≪再処理≫』第61号

ミニコミ通信『止めよう!≪再処理≫』第61号がリリースされました。 テキストのみのメルマガ版をお届けします。 (紙版に収録されている図表・写真は割愛してあります。) ミニコミ通信は、転載・増刷・配布フリーです。 印刷・配布される場合は、 紙版(PDF)をつぎのURLからダウンロードしてお使いください。 バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりに書くねん

環境保護団体グリーンピースは、核燃再処理工場が本稼動すれば、空に海に放射能を捨てる事によって世界中に汚染が広がり、その稼動予定期間の40年間で16000人がガンで死亡するという試算を出している。これは、出口の数字だということに驚かされる。つまり、ガンに罹る人の数値ではなく、ガンを罹って死ぬ人の数値なのだから、ガンになる人(入り口)はもっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

質問攻め

9月28日から29日まで、再処理についてのイベントが行われます。 その前に・・・。   JF宮城(宮城県漁連)が、(株)ニポンゲンネンロッカショ再処理工場に、こちらからわざわざ出向いて提出された質問書を、2台のサーバー、二十数台のパソコンで朝8時から午後6時まで、このブログに多数アクセスいただいてる東北殿カさんにも是非読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コモンセンス

何が常識で、何が非常識か。人として生きていると、なかなか判断がつけにくい事にたびたびぶつかる。例えば、ある企業がある日、海にドバドバと放射能を流し始め、「これはうちの業界では常識ですの。」と、のたまう。「放射能除去装置をつけると採算が合わなくなるから。」付けないのが常識だと開き直るのも、この業界では常識のようである。   …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

イベントぞくぞくぞく・・・

■08いわて平和の集い 医師が語る広島原爆体験 講演 肥田舜太郎氏「核兵器廃止への道」 8月24日(日)午後2時~3時半(開場1時半) 岩手県水産会館5階大会議室 参加費:無料 ■8/23、24 青森県八戸市・プレイピア白浜 地球と青森を考える2日間PEACE LAND A GO GO ! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

門出る。

門ちゃんが出発する。 今年は「半造星まつり」を行わなわず、「三陸の海を歩きまつる」のだという。 唐桑半島から青森まで、自然界の平安を祈り、三陸の海に感謝しながら、歩く。バックパックを背負い、ただひたすら・・・ただただ大好きなふるさとの海、美しい天然の営みが豊かに無数の生命を育むいのちの海、人間のためというよりも自然界のいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釜石で上映会があります。

「女三人寄れば、かしましい」というが、4人寄ったらどうだろうか。しかも、うら若き乙女達が4人である。さぞかし楽しい上映会になるに違いない。^^   7月27日(日)、岩手県釜石市で「六ヶ所ラプソディー」の上映会が行われる。主催者は女の子4人組だ。再処理問題はネット上に多くとりあげられてはいるが、バーチャルではない。彼女たち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒラメとトリチウムのオイシイ関係

2007年10月10日、再処理工場から北へ25km離れた東通原発の放水口付近と沖合の海水からトリチウムが3~4Bq/l検出されたことが、東北電カが実施した調査でわかっている。海水のトリチウム濃度は普通0.5Bq/lであり、それより6~8倍も濃くなったことがわかる。 これは、東通原発からトリチウムが放出されていないことや、その時の海流は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【転載記事】ミニコミ通信『止めよう!≪再処理≫』第56号

ミニコミ通信『止めよう!≪再処理≫』第56号がリリースされました。 テキストのみのメルマガ版をお届けします。(紙版に収録されている図表は割愛してあります。) ミニコミ通信は、転載・増刷・配布フリーです。 印刷・配布される場合は、紙版(PDF)を「まった再処理分庫」からダウンロードしてお使いください。バックナンバーもご利用いただけ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more