アングラな魚日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011.3.23 東北地方太平洋沖地震後 川口町から朝日町商港岸壁まで(12pic's)

<<   作成日時 : 2011/03/23 22:05   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 1

IMG_3582 

川口町のはやし屋釣具店付近を曲がると、大船渡の大鮮(ダイセン)さんの空き箱があった。そこを右に曲がると正印渋谷の冷凍庫。さらに進む。

 

IMG_3583

カネダイ付近に岡本製氷の特殊砕氷トラックが2台。

 

 

IMG_3585

その向かい側にはフカヒレの小梨商店。

 

IMG_3586

漁協超低温冷凍庫付近に、400トン級のマグロはえ縄船があった。

 

IMG_3587

その手前には、ぽっかり穴があいている建物があった。これは何だったか思い出せない。


大きな地図で見る

 

IMG_3588

大きな縄船が道をふさぐように・・・・船が、舗装道路を・・・・ふさいでいる。

海に浮かんでいる時には勇ましさを感じていたのだけれど、こうやって陸上にあっても、その存在感は変わらない。

 

IMG_3590

船首は超冷気仙沼商港冷凍工場に向いている。左舷側一部焼けた跡があるが、かっこいい。もう一度海に出てもらいたいなぁ。

 

IMG_3589

船尾は漁協超低温冷凍庫にニアミス。

 

IMG_3591

第35八幡丸

 

IMG_3593

津波で受けたらしい傷がある。

 

exblog インドネシア語の中庭ノートに乗組員は無事と書いてあったが、そのほかの情報はわからない。

 

sanggar.exblog.jp

2011年 03月 18日

sempat hilang kontak

"17 WNI ABK Kapal Yahata Maru No. 35 Selamat" (KBRI, 2011.3.17)
Nama-nama ABK WNI Kapal Nelayan Yahata Maru No. 35 yang sempat hilang kontak tanggal 11 Maret 2011 saat terjadinya tsunami, berada dalam kondisi selamat, sebagaimana dikonfirmasi oleh asosiasi kapal nelayan setempat (Japan Tuna Fisheries Corporation). Saat ini mereka berada di kota Kesennuma, Miyagi Prefecture.
ABK [anak buah kapal] 船員,乗組員.
sempat hilang kontak 一時連絡が取れなかった.
釧路機船漁協所属の遠洋カツオマグロ漁船「第35八幡丸」(420トン)は、気仙沼港で出漁準備中だった。所有する浜木漁業(釧路市)の浜木良雄社長ら2人が現地にいた。道によると、乗組員はいずれも気仙沼市民の日本人7人、インドネシア人17人の計24人を予定していた。 (「漁業大打撃・物流ラインも寸断 避難指示・勧告は解除」 asahi.com, 2011.3.14)
●第35八幡丸乗組員の追加情報.
"Kebersamaan yang Menguatkan Mereka" (Kompas, 20 Maret 2011) から以下.やはり出港前で港の構内施設に避難して無事だったようである.

 

 

 

IMG_3592 

この漁協超低温冷凍庫にオラは少々だが魚を預けていた。

ま、これは諦めよう。

 

 IMG_3595

気仙沼市朝日町にある商港岸壁に到着。強い北風が吹いていた。

ここから、川口町の水産加工団地へむかう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
津波乗り越えマグロ船出漁 気仙沼で被災、修理終え
宮城県の気仙沼港で津波と火災に遭い、損傷したマグロはえ縄漁船「第58福洋丸」(379トン、福洋水産)が、静岡市の造船会社「カナサシ重工」での修理を終えて6月1日午前、清水港から南太平洋のソロモン諸島近海に向けて出漁した。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2011/06/01 15:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ずっと、小梨がどうなったか気になっていました。社長が見つかったのも聞いてはいましたが、会社がどのくらい被害を受けたのか、知りたかった。画像をありがとう。
海沿いに生きる者の使命、という矢萩さんの言葉が今も耳に残ります。
小梨商店もと事務員
2011/06/06 01:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

mako屋

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
ブックオフオンライン

Google AdSense

私のウェブサイトの価値は\3,826,119,609.97

2011.3.23 東北地方太平洋沖地震後 川口町から朝日町商港岸壁まで(12pic's) アングラな魚日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる